『応挙の幽霊』【東京凱旋公演】情報 

『応挙の幽霊』の東京凱旋公演情報を改めてご案内いたします。

《会場・日時》
江戸東京博物館
12月21日(火)   18:00
12月22日(水)   13:30/18:00
12月23日(木・祝) 12:00/16:30
※各公演も開場は開演の30分前となります。

《料金》
全席指定
S席6,000円

《チケット取扱》
歌舞伎公演事務局:03-3552-6635

《出演》
朝丘雪路 萩原流行 西川扇与一 花柳寿太一郎 
解説:花柳辰蔵
※出演者に変更がある場合がございますので、ご了承ください。

《内容》
第1部 ワークショップ『三番叟ができるまで』
普段は絶対に見る事の出来ない歌舞伎役者の楽屋風景をなんと舞台上で再現いたします。
歌舞伎独特の化粧・衣裳・かつらを役者が身につけて行く様子を実際に舞台の上でお見せいたします。
楽しい解説と俳優が歌舞伎の登場人物に変身していく様子をどうぞお楽しみください。
俳優が楽屋でいかに準備しているのかの勉強にもなり、俳優を目指している方にもお勧めです。

第2部 『操り三番叟』
「三番叟(さんばそう)」という言葉は、どこかで耳にしたことがあるかもしれません。
これは、日本の伝統芸能の中でも大変重要な位置を占めている演目であり、歌舞伎以外にも、猿楽・能においてもその名を見る事ができます。
「操り」というのは、糸で人形を操るという事で、糸で操られた人形のように三番叟を演じるという事です。
人間を模した人形をさらに人間が演じるという倒錯のおもしろさがあります。また、第1部で準備した俳優が第2部では、作品の世界の住人になりきっているところも見所です。

第3部 『応挙の幽霊』
朝丘雪路・萩原流行・西川扇与一による抱腹絶倒のコメディです。
落語の作品を基にしており、軽妙なテンポで物語は進み、全編笑いどころ満載です。
道具屋・甚三が骨董市で手に入れた円山応挙作の「幽霊画」の掛け軸を呉服屋の若旦那に売ることが決まった。商売がうまくいき、甚三が浮かれ気分でお酒を飲んでいると、なんと掛け軸の中の幽霊が飛び出してきて……。
お酒好きの幽霊をいう不思議な役を日本を代表する名優・朝丘雪路がどう演じるかが見どころです。
「歌舞伎は少し敷居が高い」と思っている方でも、肩を凝らずに楽しめる喜劇ですので、どうぞお気軽にご覧ください。


全国各地で盛り上がりを見せている『応挙の幽霊』東京凱旋公演をお見逃しないよう!!

※ 良い席が残りわずかとなっている回がございます。お早めにご予約ください。

『応挙の幽霊』東京公演詳細

応挙ポスター

『応挙の幽霊』東京公演の詳細は以下のようになっております。

《会場・日時》
日本橋公会堂
11月21日(日)   16:00
11月22日(月)   13:30/17:30

江戸東京博物館
12月21日(火)   18:00
12月22日(水)   13:30/18:00
12月23日(木・祝) 12:00/16:30

※各公演も開場は開演の30分前となります。

《料金》
全席指定
S席6,000円  A席4,000円

※江戸東京博物館はS席のみ販売

チケット取扱》
歌舞伎公演事務局:03-3552-6635
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:405-628)
ローソンチケット:0570-084-003(関東地区/Lコード:38378

                オペレーター予約受付番号:0570-000-407(10:00~20:00)
                http://l-tike.com/


良い席をご希望の方はお早めにお申し込み下さい!!

『応挙の幽霊』全国ツアー日程です!

今回の歌舞伎ルネサンスは、全国20ヶ所にて公演を行います!!(ロサンゼルス公演を含む)
日程は下記の通りです。お近くの会館がございましたら、ぜひともお越しください!!

※ 会館の詳細をお知りになりたい方は、会館名をクリックしてください。

2010年

11月
11月13日 (土) Redondo Beach Perfomrming Arts Center
11月20日 (土) 長野県塩尻市 レザンホール
11月21日 (日) 日本橋公会堂
11月22日 (月) 日本橋公会堂
11月24日 (水) 山梨県立県民文化ホール
11月26日 (金) 八百津町中央公民館(ファミリーセンター)
11月30日 (火) 美濃加茂市文化会館
12月
12月1日 (水) 掛川市生涯学習センター
12月2日 (木) 名古屋市芸術創造センター
12月3日 (金) 河内長野市立文化会館(ラブリーホール)
12月4日 (土) 小野市うるおい交流館エクラホール
12月5日 (日) 柏原市民文化会館(リビエールホール)
12月8日 (水) 能美市根上総合文化会館
12月9日 (木) 越前市いまだて芸術館
12月10日 (金) 新川文化ホール
12月11日 (土) クロスランドおやべ
12月12日 (日) 氷見市民会館
12月16日 (木) 湯沢文化会館
12月18日 (土) 上尾市文化センター
12月19日 (日) 所沢ミューズ
12月21日 (火) 江戸東京博物館
12月22日 (水) 江戸東京博物館
12月23日 (木・祝) 江戸東京博物館

2011年

1月
1月15日 (土) 神奈川女性センター
1月16日 (日) 神奈川女性センター

歌舞伎『応挙の幽霊』 ロサンゼルス公演

『応挙の幽霊』のロサンゼルス公演までいよいよ1ヵ月を切りました。11月13日にRedondo Beach Perfomrming Arts Center にてツアーの初日を迎えます。ロス公演を終えてから11月19日より日本で凱旋ツアーが始まります。東京公演はまだまだ席の余裕がございます。電話やFAXにて気軽にお問い合わせください。

【歌舞伎ルネサンスに関するお申し込み・お問い合わせ】
TEL:03-3552-6635 FAX:03-3552-6631


応挙の幽霊

大絶賛にて公演終了!歌舞伎ルネッサンス第五弾「加賀見山旧錦絵」

皆さん、こんにちは!!舞台創造研究所スタッフ”すずのすけ”です。

先日みらい座いけぶくろ(豊島公会堂)の公演をもちまして
歌舞伎ルネッサンス第五弾「加賀見山旧錦絵」公演が終了致しました。
ご来場下さいました皆様、誠に有難うございました!


加賀見山旧錦絵チラシ

帰りがけにお客様から口々に”すごく良かったわ!有難う!””次回公演の案内を下さい!”等、沢山のお声を掛けていただきすずのすけも皆様への感謝の想いで一杯でございます!

アンケートを拝見致しましても、
”朝丘さんの尾上、浅利さんの岩藤、竜さんのお初の演技が素晴らしく、
涙が溢れてきた”という大絶賛のお声が大変多く

また
”女性の歌舞伎も大変よかったのでまた観たい””女性が演じていたので、
女性の情念や悲哀がひしひしと伝わってきて感動した”等のご意見も多く頂戴いたしました。

そしてなんといっても今回のクライマックスは従来の加賀見山にはなかった幕切れとなっておりましたが、大変嬉しいことに、この幕切れがとても迫力がありドラマティックで感動し、大変素晴らしかったというお言葉が多数ございました。

そしてさらに今回も
”歌舞伎と聞いて難しいイメージがあったがとても分かりやすく本当に素晴らしかった”
”また次の歌舞伎ルネッサンス公演を是非観たい”等の嬉しいお言葉を沢山頂戴し回を増すごとに
歌舞伎ルネサンスのご贔屓の方々が増えていらっしゃる事を実感いたしております。。


また今回多数の小学生の皆さんが歌舞伎鑑賞教室としてご覧になりましたが、
言葉は分からなかったけど”役者さんの動きがすごくて感動した!”
”衣裳やお化粧が綺麗だった”など皆さんとても興味を覚えた模様で、
特に立ち廻りとツケには”迫力があって面白かった!”という声が沢山寄せられていました。

なんといっても
”また歌舞伎が観たい!”とか”自分も歌舞伎をやってみたい!”という意見も多かったのが嬉しい限りです!
ご来場下さいました皆様、誠に有難うございました!

今後も歌舞伎ルネサンスを何卒、応援宜しくお願い致します。


歌舞伎ルネサンス詳細
http://www.atpa.jp/renaissance/index.htm

※別ウィンドウで日本伝統芸能振興会のホームページが開きます

舞台創造研究所スタッフ”すずのすけ”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。