スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回 犬山市における歌舞伎講座、大成功レポート

8月28日(日)、愛知県の犬山市南部公民館にて、「歌舞伎衣裳講座」を開催いたしました。

犬山市チラシ 第1回用改jpg

これは、「文化庁 文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業:愛知県伝統芸能活性化事業」の一環で行われたもので、名古屋市・犬山市・江南市・扶桑町・新城市の5箇所にて、各箇所3回ずつ行われる歌舞伎講座です。
今回はその第1回目となりました。

今回は衣裳着付師の森由紀先生による講座で、歌舞伎衣裳着付け実演と帯の結び方の実習を約1時間半かけて行いました。本舞台でも使用する実際の歌舞伎衣裳を観て、さらに着るチャンスもあると言うことで、約20名もの犬山市の方がお見えになってくださいました。

衣裳は、歌舞伎十八番のご存知「助六」とおめでたく豪華絢爛な「操り三番叟」衣裳です。

P1000005.jpg P1000006.jpg P1000008.jpg
「助六」の着付け

P1000014.jpg P1000018.jpg P1000021.jpg
「操り三番叟」の着付け

P1000025.jpg P1000027.jpg
帯結びの実習

初めて衣裳を着た方は「こんなに重い衣裳を着て、飛んだりはねたりしているのか!!」と驚き、歌舞伎俳優のすごさを改めて、実感したようです。
また衣裳を着ながら、見得を切ったりはねてみたりと、会場が大いに盛り上がりました。

皆様、初めて触れる歌舞伎衣裳に興味深々で、積極的に質問が出るなど、非常に有意義な講座となったと思います。

次回の犬山市での歌舞伎講座は、10月22日(土)14:00から、同じく犬山市南部公民館和室にて開催いたします。内容は、「歌舞伎の化粧講座です。普段は観ることのできない、隈取の取り方をお見せします。また、実際に化粧を体験できるチャンスもあります!講師は、元歌舞伎俳優の菊月喜千寿先生(元坂東三津右衛門)です。

また、今回の「歌舞伎の化粧講座」が下記の日程でも開催されます。

9月9日(金)19時~ ウインクあいち 会議室1106
9月10日(土)14時~ 扶桑文化会館 リハーサル室
9月11日(日)14時~ 江南市民文化会館 第2会議室


すべて入場料無料です。
ぜひともお越しくださいませ。

【お問合せ&お申込】
NPO法人日本伝統芸能振興会 中部支部 
 電話&fax 052-231-6003 
E-mail toukai@atpa.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。