サントリー美術館 『歌舞伎 ―江戸の芝居小屋―』館内イベント




2-3月にサントリー美術館にて、歌舞伎座新開場記念展「歌舞伎 ―江戸の芝居小屋―」が開催されました。

その館内イベントで、《特別公演》歌舞伎舞踊「手習子」を披露してきました。


江戸の芝居小屋を再現したステージで、花柳辰藏先生が解説、花柳忠彦さんが踊りを披露。
可愛らしい衣裳を身に付けて踊っている姿は、女性でも思わずうっとりしてしまうほどでした♪



詳細は、サントリー美術館HPよりご覧いただけます。
その他の館内イベントの様子も写真付きで見る事が出来ますので、ぜひ覗いてみて下さい。




今後も、公演情報等をお伝えいたしますので、お見逃しなく(^v^)♪♪♪




スポンサーサイト

○●ご報告●○Share your WOW! -Japan photo contest- 

観光庁が実施した訪日促進SNSキャンペーンShare your WOW! -Japan photo contest
にて、Miracle!prizeを受賞したNicolaさんが歌舞伎体験をしました。

Nicolaさんには、【座学:歌舞伎のいろは】【昼食:歌舞伎役者御用達弁当】【体験:隅取りと助六衣裳着付】
を体験していただき、最後はかっこ良く見得をきっていただきました。

体験したNicolaさんは、日本の伝統芸能を深く味わう事ができたととても喜んでくださいました。
本当に嬉しい限りです♪♪♪
ご協力いただきました、辰藏先生・スタッフの方々にこの場を借りて深く御礼申し上げます。
歌舞伎体験の写真は、観光庁HPにてご覧いただけます。 ※英語・韓国語・中国語対応

◇外国の方にも興味を持っていただけるよう、幅広く精力的に活動していきたいと思います。

〇ご報告が遅くなりましたが、1-3月も様々な公演・ワークショップを行っておりました。
また改めて、皆様にご報告出来ればと思います(^◇^)
次回もご期待下さい!!



歌舞伎を実際に体験できる!「歌舞伎ワークショップ」のご案内

皆様こんにちは!舞台創造研究所 スタッフくに太郎でございます!

昨年、大好評だった「歌舞伎ワークショップ」ご要望にお応えし、再度、開催の運びとなりました!

前回の「歌舞伎ワークショップ」、および『与話情浮名横櫛』のオーディションに参加していただいた皆様の出演により、昨年12月『加賀見山旧錦絵』を歌舞伎ルネサンス公演、歌舞伎フォーラム公演として上演させていただき、ご覧になったお客さまからも大変なご 好評を頂戴致しました。

そこで、参加の皆様の意欲と熱意に押され、定期的に「歌舞伎ワークショップ」を開催することとなりました。

毎週木曜日、義太夫狂言における台本の読み方・発声、所作などを学びます。

特に優秀だった方には歌舞伎ルネサンスに出演や歌舞伎指導者としてこども体験歌舞伎の講師として活躍するなどのチャンスもあります!

詳しくは「歌舞伎ワークショップのご案内」ページをご確認下さい!
※別ページで日本伝統芸能振興会のページが表示されます。

【お申し込み・お問い合せ先】
舞台創造研究所(高谷)
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-5-12 八丁堀21藤ビル6F
TEL/03-3552-6630  FAX/03-3552-6631

※ 現在、歌舞伎ワークショップは募集を停止しております。募集再開の際には、再度お知らせいたします。

大好評!歌舞伎ワークショップのお知らせ

こんにちは!舞台創造研究所スタッフニューフェースの”こん十郎”でございます!以後お見知りおき宜しくお願い致します!

6~8月に開催し大好評を頂きました「歌舞伎ワークショップ」ですが、参加者の方々や評判を聞かれた方々の強いご要望により、10月も開催致しております。

前回参加された皆様はもちろん歌舞伎を是非学んでみたいと思われる方は是非ご参加下さい。
初めて参加される方には歌舞伎という独自の世界の中に新たな発見を見出し、継続される方には参加されただけより多くそして深く歌舞伎の奥義を学んで頂けるようなシステムになっております。

当ワークショップは歌舞伎の奥儀を公開する専門的なものです。日本の芸術の最高峰といわれ、集大成といえる歌舞伎のエネルギーを皆様に公開するものです。

新劇やミュージカル等での台詞術と異なり、四百年かかって先人達が創って来た完成された歌舞伎の台詞術を基に型や立廻りを研修することにより受講者の皆様には、新しい世界を発見しこれからの芸術活動の大きな糧になることでしょう。

特に優秀だった方には歌舞伎ルネサンス(来年以降)に出演や歌舞伎指導者としてこども体験歌舞伎の講師として活躍するなどのチャンスもあります!


皆様のご参加是非お待ちしております!

【ワークショップ詳細情報】

◆内 容◆
歌舞伎の台本をテキストにして歌舞伎の型、立回り、所作、発声、台詞術 などを学びます。

◆日 時◆
10月1日(木)・8日(木)・15日(木)・22日(木) 全4日間
      各日共18:00~21:00
      台本「加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」          

◆会 場◆
伝創館倭楽(中央区八丁堀4-5-12 八丁堀21藤ビル6F )

◆参加費◆
「源氏店」オーディション参加者:4日間全日で¥10,000-
前回ワークショップ参加者   :4日間全日で¥8,000-
一般                :4日間全日で¥12,000-
※第2回、第3回それぞれ4日間で上記の料金となります。
(例:ワークショップ参加者の方が第2回、3回両方お申し込みの場合16000円)

◆定 員◆
10名

◆参加条件◆
演劇・舞台経験が1年以上ある方。基本的に全日通して参加できる方

◆稽古着◆
・着物または浴衣
・舞扇子をお持ちの方はご持参下さい。

◆締め切り◆
先着順受付で、定員になり次第

◆申込方法◆
以下連絡先にご連絡下さい。

【申込・問合せ先】 舞台創造研究所
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-5-12 八丁堀21藤ビル6F
TEL/03-3552-6630  FAX/03-3552-6631
E-mail/info@buso-kabuki.com  

歌舞伎ワークショップのお知らせ

こんにちは!舞台創造研究所スタッフニューフェースの”おかつ”でございます!以後お見知りおき宜しくお願い致します!

6月に開催し大好評を頂きました「歌舞伎ワークショップ」ですが、参加者の方々や評判を聞かれた方々の強いご要望により、7月、8月も開催する運びとなりました。

前回参加された皆様はもちろん歌舞伎を是非学んでみたいと思われる方は是非ご参加下さい。
初めて参加される方には歌舞伎という独自の世界の中に新たな発見を見出し、継続される方には参加されただけより多くそして深く歌舞伎の奥義を学んで頂けるようなシステムになっております。

当ワークショップは歌舞伎の奥儀を公開する専門的なものです。日本の芸術の最高峰といわれ、集大成といえる歌舞伎のエネルギーを皆様に公開するものです。

新劇やミュージカル等での台詞術と異なり、四百年かかって先人達が創って来た完成された歌舞伎の台詞術を基に型や立廻りを研修することにより受講者の皆様には、新しい世界を発見しこれからの芸術活動の大きな糧になることでしょう。

特に優秀だった方には歌舞伎ルネサンスに出演や歌舞伎指導者としてこども体験歌舞伎の講師として活躍するなどのチャンスもあります!


皆様のご参加是非お待ちしております!

【ワークショップ詳細情報】

◆内 容◆
歌舞伎の台本をテキストにして歌舞伎の型、立回り、所作、発声、台詞術 などを学びます。

◆日 時◆
【第2回】7月9日(木)・16日(木)・23日(木)・30日(木) 全4日間
      各日共18:00~21:00
      台本「白浪五人男」           
【第3回】日時  8月2日(土)・6日(木)・13日(木)・20日(木) 全4日間
      各日共18:00~21:00 
      台本「三人吉三巴白浪 大川端庚申塚の場」

◆会 場◆
伝創館倭楽(中央区八丁堀4-5-12 八丁堀21藤ビル6F )

◆参加費◆
「源氏店」オーディション参加者:4日間全日で¥10,000-
前回ワークショップ参加者   :4日間全日で¥8,000-
一般                :4日間全日で¥12,000-
※第2回、第3回それぞれ4日間で上記の料金となります。
(例:ワークショップ参加者の方が第2回、3回両方お申し込みの場合16000円)

◆定 員◆
10名

◆参加条件◆
演劇・舞台経験が1年以上ある方。基本的に全日通して参加できる方

◆締め切り◆
先着順受付で、定員になり次第

◆申込方法◆
以下連絡先にご連絡下さい。

【申込・問合せ先】 舞台創造研究所
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-5-12 八丁堀21藤ビル6F
TEL/03-3552-6630  FAX/03-3552-6631
E-mail/info@buso-kabuki.com  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。